04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

チームまめっち ブログ

遊戯王5D's非公認チーム「まめっち」、活動や大会についてまったり書いていきます。

AD

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

【満足考察】侵略!リチュア娘 

70726f647563742f6474313233322e6a70670033303000.png


四月になってまめっちメンバーも新生活が始まり、皆色々と忙しいようです。
ブログ更新が滞りがちになってすみません。


さて今回は満足考察第5弾!
DT新弾により大幅に強化された【リチュア】について考えます。

新弾におけるリチュアの目玉といえば、発売前から話題性も高かった《イビリチュア・ガストクラーケ》ですね。
ガストクラーケ以前の儀式モンスター、ソウルオーガ、マインドオーガス、テトラオーグルはそれぞれ強力な効果を持ってはいるのですが、直接的なアドバンテージには結びつかないものでした。
リチュア自身、ハンドアドを取ることに関してはピカイチの性能を持ったモンスターばかりなので「強力な儀式モンスター」という席が埋まれば・・・といった感じでした。
そのため、ハンドアドを《フィッシュボーグ-ガンナー》のコストにしてしまうデッキもありました。
そこで満を持してガストクラーケの登場です。なんとこいつは、儀式召喚成功時に相手の手札2枚をピーピングし更にその内1枚をデッキに戻すという強力な効果を備えています。
通常の儀式召喚は最低でもアド-2の行為です(儀式魔法+リリース要員)。しかし、ガストクラーケを儀式召喚することによりアド-1の行為になります。《リチュアの儀水鏡》の回収効果や《サルベージ》を用いれば、この-1も無いようなものです。
こうすることで損失なしに、相手の手札を狩り、その後の戦術も立てやすくなります。

更に新弾には《ヴィジョン・リチュア》なる強力なサーチカードも登場し、勢いはシャチ!ウナギ!タコ!上り。
《リチュア・エミリア》は・・・うん、かわいいですね!スピリットじゃなくて特殊召喚時にもトラスタ効果が起動すればかなり強い、というのが私の本音です。
え?《リチュア・シェルフィッシュ》てなんすか?


とはいえ、【リチュア】にも色々なタイプのデッキがあります。
《フィッシュボーグ-ガンナー》を採用したシンクロ重視のタイプや、儀式モンスターで場を制圧するタイプ。
最近では、《リチュア・ビースト》を利用したエクシーズ召喚を中心としたタイプもあるようで。
いずれのタイプも、それ一辺倒でなく適度に他の要素を取り入れられるのが魅力だと思います。


今回紹介するのは、儀式、シンクロ、エクシーズを限界まで盛り込んだタイプの【リチュア】です。
まずはレシピをば。


【モンスター 21枚】
深海のディーヴァ×3枚
リチュア・ビースト×3枚
リチュア・ディバイナー
リチュア・エリアル×3枚
リチュア・アビス×3枚
シャドウ・リチュア×3枚
エフェクト・ヴェーラー
ヴィジョン・リチュア
イビリチュア・マインドオーガス
イビリチュア・ガストクラーケ×2枚

【魔法 16枚】
貪欲な壺
浮上×3枚
死者蘇生
月の書
強欲なウツボ×3枚
リチュアの儀水鏡×2枚
ブラック・ホール
ハリケーン
サルベージ×3枚

【罠 3枚】
王宮のお触れ×3枚

【エクストラデッキ】
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 グングニール
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク
No.39 希望皇ホープ
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
ヴァイロン・ディシグマ
ガチガチガンテツ
ジェムナイト・パール
発条機甲ゼンマイスター



見ての通り、デッキのほとんどを自分が回すためのカードにした結果、《王宮のお触れ》を採用するようになりました。
《水霊術-葵》等の魅力的な罠カードもありますが、ハンデスはガストクラーケ、場はシンクロやエクシーズ、墓地はマインドオーガスで制圧する、というのがこのデッキの理想となります。

続いてモンスターの解説。
《リチュア・ディバイナー》は《深海のディーヴァ》で特殊召喚し、シンクロ前に欲しいカードを宣言するのが主な使い方となります。当たれば儲けものといった感じですね。
基本的に積み込みはありませんが、どうしても欲しかったカードならシンクロ召喚後に《浮上》で蘇生しもう一度宣言しましょう。
逆にデッキトップが不要なカードの場合、《強欲なウツボ》や《シャドウ・リチュア》の効果でデッキをシャッフルしてしまうのも手です。サーチが豊富な【リチュア】ならではの強みですね。
なおこれによりシンクロ召喚したレベル5モンスターが場に残っていて尚且つ、手札に2枚目のディーヴァが存在する場合、《ヴィジョン・リチュア》をリクルートすることで、レベル9のシンクロ召喚が可能です。

《リチュア・エリアル》はリバース効果故に遅さが目立ちますが、事故を起こしては元も子もないのでフル投入します。初手でセットできれば、それなりの活躍を見込めます。

《リチュア・ビースト》は、サーチ手段が《リチュア・エリアル》しかないものの、《サルベージ》に対応していて柔軟性溢れるカードなので3枚採用します。
主な使い方は、
①《シャドウ・リチュア》や、《リチュア・エリアル》を蘇生してエクシーズ召喚。このカードをサーチした《リチュア・エリアル》が場に残っている場合、《発条機甲ゼンマイスター》の効果でもう一度《リチュア・エリアル》の効果を使えます。
②《リチュア・アビス》を蘇生して再び効果発動。このとき、ビーストとアビスのレベルの合計が6なので、儀式につなげやすくなります。
③《リチュア・ディバイナー》を蘇生し、《浮上》で《深海のディーヴァ》を蘇生。トリシューラ。この場合、前述のようにもう一度欲しいカードを宣言してみましょう。

お次は魔法カードの解説。
《サルベージ》は言わずもがな。このデッキのアドバンテージの源です。手札や墓地にこのカードがない場合、《リチュア・ディバイナー》の効果で積極的に宣言しましょう。

《浮上》は、《リチュア・アビス》や、《深海のディーヴァ》が主な蘇生対象となります。召喚権が喧嘩しやすい【リチュア】において、展開補助に役立つ優秀なカードです。

《強欲なウツボ》は、手札にきてしまったり、《サルベージ》で回収した《リチュア・ディバイナー》をデッキに戻し再び《深海のディーヴァ》でリクルートする、というのが主な使い方になります。この効果で再びドローしてしまった場合は諦めましょう。
他には《リチュアの儀水鏡》で回収した儀式モンスター等、【リチュア】特有のハンドアドを別の形に変換する、という点で役に立ちます。



全体としては、儀式モンスターや儀式魔法が少ないように思われますが、サーチ手段は山のようにあるのでこれで十分です。むしろ採用しすぎると、ダブついたときに詰むのでこの程度が最適かと。
「ダブついたら普通に儀式すればいいのでは?」というのはごもっともですが、そのような場合どうしても手札の損失がついてまわります。

ここで、【リチュア】を扱う上で大事なことを一つ。  

「リチュアはアドに対して強欲であるべし」です。

ハンドアドの優位に慢心せず、儀式やシンクロを用いて徹底的に相手を追い詰めるという戦法です。
手札場合わせて8:5のアドだった場合、それを2:0ほどにしてしまうのが理想です。
そこで《サルベージ》でも引きこめれば勝利は決まったようなものです。

相手のトップドロー解決を防ぐためにもマインドオーガスで墓地は空にしておくのがオススメです。
徹底的に侵略すべし!タイトルと繋がりましたね。


もちろんこのデッキにも弱点はあります。簡単に言うなら、特殊召喚封じ、ガン伏せ、除外ですね。
展開のほぼ全てが特殊召喚に依存しているため、ここを封じられたらあっさり詰みます。《大天使クリスティア》などは出される前に対処しましょう。
ガストクラーケの恩恵が得にくくなるガン伏せも弱点の一つです。早いうちに《王宮のお触れ》を引き込み、《ブラック・ローズ・ドラゴン》でもシンクロ召喚するのがベストです。
序盤のリチュアは一つの除外で大きくリズムが崩れがちです。特にトリシューラの効果等は絶対に通さないようにしましょう。


今回紹介したのは私が使っている【リチュア】であり、あくまで一例です。
発売前からそれなりに回していましたが、試していないカードはまだまだあります。今度は《氷帝メビウス》でも試しに入れてみようかと思ってたり。
他にもオススメのカードや構築がございましたらコメント欄ででもお伝え下さい。参考にさせて頂きます。

他のテーマには真似できない独特な動きをもった【リチュア】。あなたも是非使ってみませんか?


サトシ
スポンサーサイト

Posted on 2011/05/02 Mon. 01:41 [edit]

満足考察  /  TB: 1  /  CM: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。